2009年3月29日日曜日

審判キツイィ!

今日はロボカップジュニアの関東ブロック大会でした。

前回は小僧のメンター(世話役)だけだったのでヒマを持て余す状態だったんですが、埼玉ノード大会でレスキュー部門の審判をやったことと今回のレスキュー部門のチーフが千葉ノードの先生で面がモロに割れている等々でスタッフご指名がありました。そして頂いたスタッフ証には『審判員』と…

毎年世界大会にコマを進める猛者揃いの関東大会で審判員、しかも自分の担当範囲が各ノードのトップチームの出走順。極力平静を装ってましたが実際は引き算を選手にツッコまれるほど緊張しておりました、はい。

あと競技中は中腰の体制をとることが多くて、これも40過ぎの普段楽して生きてるオッサンにはキツイ。今も腰が抜けそうな感じ。明日起きられるか?>自分

肝心の小僧の結果ですが。。。たった1箇所の設定ミスが全体に波及して残念な結果に終わりました。まぁ今回の教訓を活かして来年再チャレンジってとこです。お父さんも来年までに中腰全然オッケーな体に。。。

2009年3月28日土曜日

とある県知事の政経セミナーとやらに行って来た

要するに政治資金パーティーなわけですが。
30年来の友人からお誘いを受けたので行って見ました。
知事のお話は6割のギャグと4割のマジメ話で2〜30分程度。あとは殆ど立食パーティーでした。
テレビなんかで拝見する顔がちらほら。さすが元芸能人ってとこ。
後ろの方にテレビ局の人とかが陣取ってずっとカメラ構えてたんですが特に中継する気配でもなく
何やってんだろうと思って友人に聞いてみたらどうやら失言(爆弾発言)待ちなんだそうで。。。

一緒に写真に写ることは出来ませんでしたがとりあえずどさくさ紛れに名刺は交換してもらったです。

2009年3月12日木曜日

Shuffle触ってきました

てことで会社の帰りに銀座のアップルストアへ。

店員さんが持っているものを触らせてもらいましたが最初本体よりもイヤホンのケーブルしか見えなかったですよ。
持ってみた印象は軽ッ!。2代目と数グラムの差しかないはずなんですが縦長になって重さが分散した分軽く感じます。軽さもさることながらあの何にも無さ。渡されたあと一瞬どうしていいかわからなくなりました。ちょうど別の人も別の店員さんに渡されたんですがやっぱりその後どうしていいかわからなくなってた様子。

リモコンですが丁度首の右あたりに来るんですが自分にはちょっと使いづらい位置かなぁ。あと見なくても操作できるのは便利だけどなんかへし折りそうな感じでちょっと恐い。もうすこしカチっとしたリモコンが欲しいかも。既存のヘッドホン用アダプタとかサードパーティ製のアダプタが出るらしいのでそれを待つのも手かも。

音質については悪くはない気はしたけどいかんせんあのイヤホンなので保留。再生中に差し替えればいけるかと思ったんだけどiPodは再生中にイヤホンを引っこ抜くと曲が一時停止しちゃうのでダメだったのでした。

あっ、肝心のボイスオーバー機能ですが英語の読み上げはそれなりの雰囲気ですが日本語は全ての雰囲気をぶち壊さんばかりに素敵な読み上げをしてくれるのである意味一番面白い機能かもしれません(笑)。

2009年3月11日水曜日

春はShuffleの季節…らしい

てことで3代目ってことになるのか?ついに本体からコントローラーが消えましたよ。
その代わりに4GByteでLossless対応でプレイリスト対応で...素敵じゃないの。
声でプレイリストや曲を教えてくれるってのはいいかもです。日本語のイけて無さぶりは逆に好みかも(笑)。

イヤホンとリモコンが一体なのが難。まぁそのうち手持ちのが使えるアダプタが出るんでしょうけどね。



(3/13追記)
ギャップレス対応かどうかは不明。

2009年3月10日火曜日

石田晴久先生逝去

今から20年程前、最初の会社の新人研修で先輩が「この内容を理解できないようならこの仕事は辞めた方がいい」と冷や水を浴びせるかのごとく薦めて下さったのがK&Rの「プログラミング言語C」。当時は経費処理を知らなくて結局自腹で買いました。UNIX本はお金が無くてと言うか給料の半分をレコードにぶっこむ生活をしてたので会社に置いてあったやつを読んだ記憶があります。

ただコンピュータが好きなだけ、数学は卒業最低限レベルの文系学生がUNIX仕事でメシが食えてるのは先生が執筆されたり訳されたりした本のおかげなのかもしれません。

これまでの氏の功績への感謝と共に謹んで哀悼の意を表します。

IT総合学部長 石田晴久の逝去について
http://www.cyber-u.ac.jp/outline/release/2009/090309_0001.html

2009年3月3日火曜日

これで2回目

iTunes Storeで曲を買うとたまにスクラッチノイズが入ってることがあります。
アナログレコードのプチプチ言うやつとか機会の接触不良じゃなくてほんとに曲と無関係にデータ上にノイズとして乗っかってる。
でっ、一応報告すると「調査します」と言う由の連絡とともに1曲分の無料コードを送ってくるわけですが調査結果は報告されないっぽいっつーか前回は少なくとも報告されていない。

再度購入したい場合は3週間待ってくれとあるんだけど直ったのかどうかわからないんじゃ再度購入しようがありませんがな>アップル