2016年9月22日木曜日

脱iTunesを考える(2) (お蔵出し)


前回曲の置き場(box.com)と再生環境(CloudBeats)の話を書きました。
でっ、今度は置き場にどうやってデータを持ってくるかと言うお話。

フツーにPCがあればサイトからダウンロードしてbox.comにアクセスしてファイルをアップロードするなり、boxsyncを使ってフォルダを同期するなりすれば済む話ですが、問題はそれをiPadみたいな環境でどうやってやるか?です。

最大の問題はiOSのデフォルトブラウザであるSafariは音楽データは再生しか出来ないこと。アップルさんは何が何でもiTunes Storeから購入した楽曲以外のライブラリ追加は認めないと言うスタンスなのでここでも代替アプリと言うか代替ブラウザを使用することになります。

現時点で確認しているダウンロードファイルの保存機能を持っているブラウザは次の2つ
  1. iLunascape --- ローカル保存したものをDropBoxへアップロードできる
  2. Mercury ウェブブラウザ(Pro) --- ローカル保存したもののファイル名を変更したりDropBoxへアップロードしたり、他のアプリへ渡す、Wi-Fiで転送すること等ができる
DropBoxに転送するだけならiLunascapeが簡単だけど、今回はBox.comへアップロードするのでBoxアプリにデータを引き渡せるMercuryを使いました。

手順としては次の通り

  1. Mercuryでダウンロード先のURLにアクセス。
  2. ここでSafari同様曲データはそのまま再生されてしまうのですがURLバーの横にある星印をタップして「ページを保存する」を選択。この時表示されるURLをコピーして何もせず抜ける
  3. "ファイル"メニューから表示される画面の左下にある"ダウンロード"をタップ、"+"マーク
(書きかけにつきここまでで終了)
======================================================

(2016/09/22)

この投稿はおよそ3年くらい前にiTunes/純正ミュージックアプリに依存せずにiOSデバイス単体で再生環境を構築する方法を模索してた頃の下書き。
今では(あまり積極的に紹介されていないものの) 普通にできることが3年前はできなかったのですよと言うことを示すために当時の下書きのまま公開。